All Rejection Gaming [ARG]

【PUBG部門のお知らせ】Kokoron選手、zFang選手がAll Rejection Gamingと契約終了

All Rejection Gaming PUBG(PC)部門でこれまで活動してきたKokoron選手、zFang選手がこの度、All Rejection Gamingと契約終了することとなりました。

 

2018年12月3日に法人化したAll Rejection Gamingですが、Kokoron選手、zFang選手は2018年8月からこのメンバーでやってまいりました。

PUBG JAPAN SERIESでは、Season1から出場 PaR突破し、Grade2残留 Grade2降格 PaR突破 Grade2昇格 Grade1昇格と

地の底から這いあがるように今までPJSという大きな舞台をこのメンバーで乗り越えて参りました。

 

当時はPUBG(PC)部門1チームしかなかったAll Rejection Gamingが、現在はPUBG部門2チーム、PUBGMOBILE部門2チーム、R6S部門、CoD部門、CSGO部門と拡大し、

1年も経たない内に大手に食いつくような大きなチームに成長しました。

 

実は、このAll Rejection Gamingという名前を決めたのはこのメンバーです。

設立時にOsakanamuamu選手、現オーナー、Kokoron選手、zFang選手で決めた名前です

すべてを拒絶する、圧倒的な強さを持ち 社会の反感も恐れず突き進もう

また、All(Owl)にはフクロウの意味が込められており 賢い・知恵のあるチームにしたいな という声の元命名誕生しました。

 

語り切れないほどエピソードがあり、チームの成長に欠かせないメンバーでした。

チームとして、同じ仲間として言葉に表せないほどの感謝をしております。

 

 

最後に、この度は契約終了という非常に残念なご報告となりました。

ファンの皆様、これまで応援してくださった方々大変申し訳ございません。

 

Kokoron選手、zFang選手の今後は各選手のSNSからのご報告となります。

Kokoron選手、zFang選手のこれからの活躍をお祈りするとともに、これまでの活動に対し厚く感謝申し上げます。

 

設立メンバー。今まで本当にありがとうございました。